子供の養育費について

夫婦が離婚をしようと話し合いで決定した時には、離婚後の生活について色々と決めておかなければいけないことが山のように出てきます。その中でも最も重要なのが子供の親権は誰が持つのかということと、養育費を誰がどのように毎月いくら支払うのかということを決めることです。
一般的に子供の年齢が小さければ小さいほど、離婚後の親権は母親が持つというパターンが多いです。母親が親権を持つ場合は父親が養育の為の費用を毎月支払うことになります。それでは離婚後の父親は毎月いくらの養育の為の費用を支払う必要があるのでしょうか。これはその父親の経済能力によって様々であるとしか言いようがありません。例えば会社で管理職等についていて比較的高給取りであるならば、毎月の養育の為の費用も高めになります。逆に非正規社員である為毎月のお給料が非常に低い場合は、毎月支払うべき養育の為の費用も必然的に低めとなります。
そして養育の為の費用についてはその額について決めることが大事であることはもちろんですが、その支払い方法についても離婚前にしっかりと話し合って決めておくことが必要です。毎月何日にどの銀行口座に振り込むのか等の詳細をきっちりと決めておく必要があるのです。ウェディング10

Filed under: 未分類 — おれんじ 10:59 AM